講談国の人びと

講談研究家・吉沢英明氏のブログです。
日本講談協会が管理運営して居ります。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 講談国の人びと(25) -殿様喜蔵- | main | 講談国の人びと(27)−拳骨和尚(武田物外)− >>

講談国の人びと(26) -参考資料 神田社中=定連について-

 担当:吉沢英明(講談研究家)

 本年は二代山陽生誕百周年に相当する。一門ではその遺徳を偲び、今秋特別講談会を開催する由である。そこで今回は、講談史上でも特殊な存在である神田一門に関する資料を紹介することにした。東京市神田区・文光堂が大正元年十月に創刊した月刊誌に「講談世界」がある。「講談倶楽部」に続いて古く、翌年には「講談揃」「講談落語界」が創刊、戦後迄発行された「講談雑誌」は数年遅れて大正も四年のスタートである。その「講談世界」第四年第六号(大正四・六 図版がその表紙)に定連の筆名で 神田社中 と題した一文が掲載されている。短文ではあるが、面白い内容であり、そのまま紹介する。なおルビは廃し、旧字体は新字体に改めた(一部漢字を平仮名に直す)。

 

神田社中 定連

−−神田派の御大は松鯉だが、今はもう伯山が大黒柱になっているのは争はれない。

 松鯉といへば、七十三歳の頽齢(たいれい)をもって、かくしゃくとして意気の壮(さかん)なること、そんじょそこいらの若い連中を愧死させるに足るものがある。本人の言ふ処では、世間では松鯉をしょうりと呼ぶが、自分はまつりと読ませる。「神田祭」この一語だけにも、松鯉の面目は躍如としてあらはれている。

 伯山に就いては更(あらた)めて喋々(ちょうちょう)しなくも、世間様で先刻ご承知だ。あの人気だけでもう沢山だ。芸人の真実の芸の力と、芸の呼ぶ人気との間に、どれほどの扞格(かんかく)があるとかないとか、野暮なことは考へずに置かう。

 神田一派の特色は、伯山一流のばかに歯切れのいい調子でつくす事ができる。弟子が師匠の芸風を模すのは当り前のてっぺんである。併しその間に、漸次自分の芸が熟して来て、師匠を離れて自分の特色を表はして行く人の出来るのは之又当り前の話だ。

 

 伯山の弟子で粒立ったものは、(柴田)南玉になっている来山、伯龍、伯治、松山が改名して伯鱗など、相応に粒が揃っている。併し、その中で、南玉は最初から伯山畑の読物とは離れて早くから望みを嘱されていたが、今ではもう押しも押されもせぬ固まった芸風に進んでいる。その外に、伯山畑の読物から出て別に新しい境に入ったのは、今の所まだ伯龍一人で、他は皆まだ暗中模索の最中だ。果して夫等の人が、何時までも師匠の芸風を真似通して名を為すか、或は別に自分の特色を掴んで新路を見出すか、今の処まだ分らない。伯鯉といふ男は一ばん新顔らしい、そして読物も伯山畑ではないが、調子、いき(・・)は同じ路を辿っているやうだ。併し、読ぶりに癖がないから進境は早いか知れぬ−−。

 

 以上の如くである。参考に同誌に掲載された神田派の人びとの読物を拾うと

○俗謡潮来節(天保水滸伝の内)=伯山 一の一号 ※潮来の遊び

○南部坂雪の別れ(武士道銘々伝の内)=松鯉 一の三号 ※義士伝

○因果小僧六之助(雲霧五人男の内)=伯龍 二の二号

○一心太助(江戸気質)=松鯉 二の四号

※大久保武蔵鐙

○畦倉重四郎(連載)=松鯉 三の三号

○清水の次郎長(侠客伝)=伯山 三の三号○お民七三郎(連載)=伯龍 三の八号 ※いわし屋騒動

○塩原高尾(名妓伝)=伯山 三の九号

○丹後沢だんまり(黒田騒動の内)=松鯉

三の一一号

○小金井小次郎(関東侠客伝)=伯山 三の一一号

○柳沢弥太郎=松鯉 四の二号 ※柳沢騒動○郡山半五郎=伯龍 四の七号 ※大和三人男

○布袋市右衛門=伯山 四の七号 ※浪花五人男

○天一坊=松鯉 四の八号 ※畦倉同様大岡政談

○浅尾の局=松鯉 四の一○号 ※加賀騒動○八百屋お七=伯龍 四の一○号 ※小堀家騒動

 以上ごく一部の紹介に止めた。この内「潮来の遊び」は紅等が、「次郎長伝」は愛山が好演。又「畦倉−」「天一坊」「柳沢−」等は当代松鯉が重厚にして気品に富んだ読口で客席を圧倒している(昔の綽名が皇太子! 当然だ!)。因みに当時の神田派の人々の名を挙げると・・・

 神田派人名簿

  (大正五年十月に東京府教育会が発行した仮題「東京市遊芸稼人名簿」より、抜粋。芸名・本名・現住所の順に記す。順不同)

 神田伯水(古谷福蔵) 芝区愛宕下一ノ四 神田伯勇(藤崎猪之吉) 本郷区天神町一ノ一七

 神田伯山(岸田福松) 浅草区千束町二ノ六一

 神田松鯉(玉川金三郎。但し通常は金次郎) 浅草区森下町一五

 神田伯龍(戸塚岩太郎) 浅草区左衛門町一

 神田小伯山(玉川悦太郎) 浅草区森下町一五 ※後に二代松鯉

 神田伯州(稲生兼吉) 浅草区北清島町七七

 神田伯英(石村利兵衛) 本所区元町二七 ※後に初代山陽

 なお本名簿伯英の隣りに 軍談 高田伯龍(稲益金八) 本所区相生町二ノ六 の名も出ている。
yoshizawa03

吉沢英明(講談研究家) | permalink | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -